新入社員紹介

営業課 鈴木隆博

営業課 鈴木隆博

入社した理由(決め手)と就職活動を振り返ってみて。

仕事風景 私は会社説明会に初めて参加したのがノーブルホームでした。初めての会社説明会でとても緊張していたのを覚えています。 会社説明会のイメージは『重苦しくて、長時間説明を受ける』というイメージでしたが、ノーブルホームは終始明るい雰囲気で楽しく、 何より学生目線で説明してくれたことで時間があっという間に過ぎていきました。また面接の際には、私の話をじっくりと真剣に聞いてくれた事が大変嬉しかったです。 私はノーブルホームの明るい雰囲気と、選考中の学生の事を一人一人しっかりと見てくれると感じられた事が入社する決め手となりました。

入社後のギャップは?

仕事風景 会社説明会のイメージがあり、とにかく明るい職場と考えていましたがそうではなく、仕事をするときとリラックスする時のONとOFFの切り替えが確りとしていることにギャップを感じました。 一人一人がダラダラと生産性の悪い業務を行う事はせず、常に切り替えて業務に取り組んでいます。 また、生産性を高めるために、上長・先輩社員にはスケジュールを組む上で先行管理を常に意識するようにご指導頂いています。 まだまだ生産性の高い業務は行えていないのが現状ですので、真の生産性向上を意識して業務を行なっていきたいです。

ノーブルホームに入社して学んだこと

仕事風景 私がノーブルホームに入社して学んだ事は「目標に向かって努力し続けること」「責任感の大切さ」です。目標を持っている人とそうでない人とでは自己成長に大きく影響します。 特に先輩社員を見ていると、常に高い目標を持ち日々の仕事をすることでイキイキとしており、自己成長につながっていると実感します。 また、住宅営業としてはお客様に一生に一度の家づくりをサポートする者として「プロとしての責任感」を持つ事を学びました。 この責任感の意識は、よい意味で自分自身への刺激となり、仕事中のみでなくプライベートでも学生時代とは違う自分に成長できていると感じます。

今後どんな社員になりたいですか?

仕事風景 私は「感謝の気持ちを持ち続ける」社員になりたいと考えております。 ご担当させて頂いたお客様・パートナー様・メーカー様・社員と今までお世話になった方々に出会えたからこそ今の自分があります。 これからも、今までご指導頂いた感謝の気持ちを忘れずに、また、後輩へも伝えていけるよう初心を忘れずに日々の業務に取り組んで参ります。

鈴木社員の仕事風景

ページの先頭へ