スタッフ紹介

業務管理課 矢内さおり

業務管理課 矢内さおり

現在のお仕事の内容とやりがいを教えてください。

仕事風景 やりがいは一言で言うなら「お客様とのご縁」です。
生活の基本となる「衣食住」の中でも替えが難しいのが住まい。これからの暮らしをイメージしながら、間取りの要望やデザイン、好みの色など様々な事をお客様にお伺いします。時にはお客様個人の立ち入ったお話をお伺いすることもあり、自分を信頼して任せて下さることに喜びと責任を感じます。住まいづくりはまさに“お客様との一期一会”です。どちらかのタイミングがあわなければ、この住まいは無かったのだと思うと改めて素晴らしい仕事だと感じます。

職場の雰囲気・ノーブルホームってこんな会社

仕事風景 入社時は広告製作やCRS活動を主導する企画部に所属しておりましたが、店舗でお客様と接する機会のない私が広告を制作して、果たして「私は本当にお客様の気持ちを分かっているのだろうか」という迷いがありました。女性営業チームを作る為にジョブローテーションをして、店舗改装・商品企画から営業活動・コーディネート業務等一貫して業務を行う中で、お客様の声や品質を保つ上での「住宅営業として大切なもの」を実感することが出来ました。 そうした業務を通して、また実際にお客様と接することで、“よりお客様を意識するようになったこと”が、異動してもっとも変わったこと・学んだことです。

自分の仕事の必需品

仕事の必需品 自分の仕事の必需品は「手帳」です。スタイルハウスでは、1日に何件もの打ち合わせや、やるべき業務があります。業務を整理するためのTBシートとして、お客様とのやりとりの備忘録として、お客様のご契約を頂く提案スケジュール帳としてなんでも書きとめる手帳が業務の必需品です。

矢内社員の仕事風景

ページの先頭へ