Facebookもチェック

ノーブルホームの技術と構造 工法・構造

家づくりを支える信頼の建築工法

今、住宅に求められているのは、自然の力を効率的に利用したシステムと信頼できる構造。
ノーブルホームでは独自の品質基準を設定し、最先端のテクノロジーとさまざまな実験・実証に基づき、家づくりを進めています。経年による劣化や腐食、災害など、あらゆるリスク要因に対して、万全の備えをしておくことで、いつまでも安心な家を築きます。

最大約9mスパンのダイナミック空間が可能に。永く快適に住み継ぐ家。

木造ラーメン工法の特徴

壁倍率4.0倍

柱や梁そのものを互いに剛接合し、強固な構造躯体を作り上げる木質ラーメン構法では、1棟ごとに構造計算を実施。高強度の金物と梁・平角柱によるラーメン構造で、大地震や台風に耐える強靭さを持つ、資産価値の高い家づくりが可能となります。※商品シリーズにより工法が異なります。

大開口の開放感

構造計算により、従来の木造住宅を超える最大9mスパン※の自由な空間活用が可能に。大空間のリビングや吹き抜け、車3台分のインナーガレージなどダイナミックな空間設計も思いのままに。※設計条件により最大値は異なります。

間取りの可変性

空間を仕切る壁の位置を変更しやすい構造。スケルトン・インフィルの考えで間取りを変化させながら、世代を超えて永く住み継ぐことができます。

地震に負けない強さと、デザイン性を両立

木造ラーメン工法の特性を活かし、空間を有効活用でき、プランの自由度も広がります。万が一構造上不安定な軸組が想定されたとしても、構造計算でそれらを検証し構造に安全であるという確認を行っています。

システム化された木造ラーメン構法が、強さの鍵

柱や梁そのものを互いに剛接合し、強固な構造躯体をつくり上げます。
従来、鉄骨造やRC造において主流だったラーメン構法を、日本の木造住宅に取り入れた信頼性の高い構造です。

通常の2倍の強さを持ち、引張剛性を格段に向上させた「Sボルト」と高強度の「SE金物」の組み合わせにより、強固な躯体を実現しています。

補助柱と大梁の門型耐力フレームにより、強さを保ちながら大開口な空間づくりが可能に。

※SE工法は2002年に、構造計算プログラム「木質構造計算プログラムWolf-2」によって、建築基準法68条の26国土交通大臣認定(略称:プログラム認定)を、木造で初めて取得しました。

耐震+制震のハイブリッド工法を採用

制震+高強度のピン工法

ノーブルホームの”レクシア”では、柱や梁、桁の接合部に高強度のHSS金物を使用し、耐力を十分に確保したピン工法を採用。さらに、地震の揺れを軽減させる「制震ダンパー」を標準搭載。コストを抑えつつも、高強度の住まいを叶えます。

高耐力ながらコンパクトなHSS金物。防サビ塗装で腐食を防ぎ、末永く安心です。

高強度・高精度の接合部を実現。接合部の断面欠損が少ないため、木の強度を保ちます。

日本伝統の建築工法×最新のテクノロジー木造軸組みパネル併用工法

柱と梁で構成される木造軸組み構造に、揺れに強い力を発揮する耐力壁を組合わせることで、壁全体で外力を受け止め、耐震・耐風性を確保しています。敷地の条件、予算、デザインなどの好みに柔軟に対応でき、家族の成長や暮らしの変化などに応じて行うリフォームも容易です。

ハイベストウッド土台、柱、横架材をハイブリッドウォール(構造用ハイベスト)で一体化し、全体を一つの箱にし壁面全体で外力を受け止めることにより、優れた耐震・耐風性能が得られます。

※壁倍率とは…
建築基準法で定められた耐力壁の強さを表す数値。壁倍率の長さ1mあたりの基準耐力が1.275kN(ニュートン)であれば壁倍率1.0倍となります。仕様によって数値は異なり、壁倍率5.0が上限値とされています。
※1kg=9.8N 1kN=1000N

制震ダンパーを標準搭載

「特殊粘弾性ゴム」が地震エネルギーを吸収して、地震時の揺れを低減する制震装置を搭載。
余震など繰り返しの揺れにも高い効果を発揮します。
メンテナンスフリーで、優れた効果を持続することができます。

住まいを面全体で支える高耐震ベタ基礎

建物の荷重を耐圧盤コンクリートの底面全体で地盤に伝える「耐震ベタ基礎工法」。
地面との接地面積が大きいため、荷重を分散させる高価が大きく、布基礎工法で起こりやすい不同沈下を抑える、最も効果的な基礎工法です。

基礎の四隅は強い力を受ける為、斜めのコーナーハンチをつくり、基礎剛性・耐震性を高めています。

注文住宅で実現する住まいづくり まずは資料の請求から

© 2016 NobleHome inc.