Facebookもチェック

今、二世帯住宅という選択が増えています。

共働き世帯の増加をはじめ、少子高齢化や介護問題、
さらには災害など万が一の事など、
現代の暮らしには様々な課題があります。
そこで今、様々なメリットがある二世帯住宅への建て替えや
新築を検討する方も増えています。

二世帯住宅のメリット

協力し合える

家事を分担したり、子世帯が仕事で
遅くなる際には親に子供を見てもらえたり、
親世帯と子世帯で協力することができます。

助け合える

万が一、家族が病気をした時に片方の世帯が
料理をつくったり送り迎えをするなど、
お互いに助け合う事ができます。

建築費用が削減しやすい

それぞれ単世帯で建てるよりも
土地購入費や建築費用が削減しやすく、
同居形態によっては光熱費や食費なども
節約できるケースもあります。

税金面のメリットがある

一定の条件を充たせば相続税の評価で
有利になったり、登記方法によっては
不動産取得税、固定資産税が
安くなるなどメリットがあります。

今ドキ二世帯住宅の実態

二世帯住宅に住んでいることに、満足していますか?

相手の世帯に感謝していますか?

7割以上の世帯が二世帯に満足。子世帯の9割は親に感謝しています。出典:東京ガス株式会社 都市生活研究所 都市生活レポート「二世帯住宅に住む親世帯と子世帯の交流実態と意識」

ノーブルホームの二世帯住宅 tomonisu

生活リズムも価値観も違う二世帯。
それでも、親は子や孫を想い、子は親を想い、
様々な希望や悩み、不安を抱きながら二世帯住宅を検討されています。
それぞれの想いにこたえる、お互いが無理なく暮らせる
理想の暮らしを届けるために。

ノーブルホームの二世帯住宅 tomonisu

玄関のみ共有タイプ

c 2016 NobleHome inc.