TOP > 施工事例 > 茨城県 > 「変えられる」間取りで子どもの成長に合わせる家

WORKS

施工事例

Case464

「変えられる」間取りで子どもの成長に合わせる家

敷地的に北・西・南の3方向が見えてくる配置でしたので、どの面から見ても素敵になる外観にデザイン。間取りとしては階段を中心に回遊が出来る動線で、オーソドックスでありながら使い勝手のよい住まいです。

ナチュラルな雰囲気が心地よいリビング・ダイニング
TV側壁面には大理石調のタイルがあしらわれています。
造作の畳ベンチは、足を伸ばして座ることもできるので、家族のリラックスできる「居場所」にもなります。
可変性のある子ども部屋
寝室の一角に設けられた書斎は、寝る前に本を読んだり、化粧台にしたり、リビングの音が入らない集中できる在宅ワークスペースにしたりと何かと便利なスペースです。
リビングとつながった空間なので、ほどよく家族の気配を感じながらも集中できるスペースです。
洗濯後、乾太くんで乾かした衣類をファミリークローゼットにしまう「ランドリー動線」で家事効率U P!
ファミリークローゼット→納戸→洗面所→脱衣所が一列に並んだ便利な動線。

この施⼯事例はノーブルホームの注⽂住宅ブランド「FREEDIA」で建築した物件です。